機 関 名 称

 世界遺産総合研究所

和 名 略 称

 世界遺産総研

機 関 欧 名

 The Sekaiisan Research Institute

欧 名 略 称

 SRI

郵 便 番 号

 〒731-5113

住   所

 広島市佐伯区美鈴が丘緑三丁目43

電   話

 TEL 082-926-2306

ファックス

 FAX 082-926-2306

U  R  L

 http://www.wheritage.net/

電子メール

 wheritage@tiara.ocn.ne.jp        

設 立 年 月

 19989月 

沿  革

 19989月 設立
 20014月 世界遺産研究センターから世界遺産総合研究センターへ名称変更
 200112月 インターネットWeb「世界遺産情報館」設置
 200210月 世界遺産総合研究センターから世界遺産総合研究所へ名称変更
 20045月  広島市西区井口台から広島市佐伯区美鈴が丘へ事務局移転
 200411月 日本ユネスコ国内委員会からの推薦で、ユネスコ北京事務所から「世界遺産教育に関するカントリー・スタディ」の為、日本におけるフォーカル・ポイントに指定される。
 20131月  国立国会図書館関西館からISIL(図書館及び関連組織のための国際標準識別子)を付与される。

組織の性格

 学術教育文化研究機関

代表者

 古田陽久 (所長) 

事務局長

 古田真美

常   勤

 2

分 野

 学際、複合、新領域

戦略的目標
Strategic Objectives

  • Credibility
  • Conservation
  • Capacity-Building
  • Communication
  • Contribution

業 務 目 標

  • 世界有数iの世界遺産研究機関をめざす
  • 世界遺産研究 国内ナンバーワン
  • 国際シンクタンク
  • 異文化理解
  • 国際交流
  • 国際平和

地球環境政策

地球と人類を取り巻く環境を自然、文化、社会など多角的な観点から解析し、人類の将来にとって望ましい地球環境政策の立案を行っていきます。

2015 年業務目標

 世界、全国行脚
 
現地取材、実地調査の強化
 
編集作業のスピード・アップ
 
電子化の促進
 
映像メディアのプロデュース
 
海外の通信社、テレビ局、新聞社などとの連携
 
各方面、各分野、各界との連携と協働

2015年重点テーマ

  • 世界遺産理論
  • 世界遺産創生
  • 世界遺産ポテンシャル物件の評価
  • 世界遺産の保護、保全、保存
  • 世界遺産のマネージメント
  • 世界遺産の保存管理計画
  • 自然と文化の調和
  • 有形文化遺産と無形文化遺産の融合、総合的アプローチ
  • 自然の保全と利活用の先進事例調査(国内外)
  • 文化財の保存と利活用の先進事例調査(国内外)
  • 世界的な自然景観、地形・地質、生態系、生物多様性の研究
  • 世界的な遺跡建造物群モニュメントの研究
  • 世界的な文化的景観歴史都市、運河、道の研究
  • 世界無形文化遺産の研究
  • 世界記憶遺産の研究
  • 世界の宗教と文化の研究
  • 世界の国立公園の研究
  • 世界の都市と建築の研究
  • 世界の自然保護区の研究
  • 世界の産業技術遺産の研究
  • 世界の海洋保護法、海洋保護地域(海洋保護区)の研究
  • 国際会議、ワークショップへの参加
  • 海外の大学との交流
  • 国内の大学との交流
  • 日本における世界遺産教育の現状と課題調査
  • 東アジアにおける世界遺産教育の現状と課題調査
  • 世界遺産教育の現状と課題調査
  • 一般教養教育
  • 世界遺産と防災の研究
  • 世界遺産と管理の研究
  • 世界遺産と教育の研究
  • 世界遺産と観光の研究
  • 世界遺産とまちづくりの研究
  • 世界遺産登録によるインパクト調査
  • 世界遺産登録前後の変化、影響、問題点、課題調査
  • 世界遺産地が抱える問題点や課題
  • 日本遺産』の研究
  • 地域遺産、地域資産、地域資源の調査研究
  • ツーリズム研究
  • フィールド・ワーク
  • 持続可能な観光の発展施策
  • 世界遺産関係機関とのコラボレーション
  • 当シンクタンクの中心的な研究所としての実績の積み上げ

2015年キーワード

本物(Genuiness)、真正性(Authenticity)、完全性(Integrity

2015年行動理念

様々な可能性への挑戦(Challenge Challenge

マインドシップ

知力、創力、美力=知創美、複眼的思考

視 座

日本、そして、日本人という視座から脱却し、地球、そして、人類という視座で考える。

業 務 内 容

 地球環境と人間居住に係わる総合的研究

  1. 地球環境と人間居住の総合的研究
  2. 世界遺産の総合的な研究 (World HeritageからGlobal Heritage)
  3. 世界遺産関連の出版物の監修、編集、著作
  4. 世界遺産のモニタリング
  5. 世界遺産化可能性調査
  6. 世界遺産化住民意識アンケート調査
  7. 世界遺産化構想
  8. 世界遺産化計画
  9. 世界遺産データ・ベース(非公開)
  10. 世界遺産関連の企画、出版物、番組制作等への協力
  11. 世界遺産教育
  12. 世界遺産学習 教材の研究開発
  13. 世界遺産を生かしたまちづくりの研究
  14. 危機遺産研究
  15. 危機因子、原因、理由、対応策等の研究
  16. 暫定リスト記載物件の研究
  17. UNUNESCOIUCNICOMOSICCROM等国際機関の研究
  18. 世界無形文化遺産の研究
  19. 世界記憶遺産の研究
  20. 生態系及び生物多様性の研究
  21. 世界各国の自然保護制度の研究
  22. 世界各国の国立公園制度の研究
  23. 世界各国の景観保護政策の研究
  24. 世界各国の文化財保護制度の研究
  25. 世界各国の地理・歴史と伝統文化の研究
  26. 世界の地名・地理、都市・人口の研究
  27. ツーリズム研究
  28. 日本遺産』の研究
  29. 政策提言
  30. 卒論指導
  31. 進路指導
  32. 啓蒙普及活動 世界遺産学のすゝめ
  33. 監修業務

自 主 研 究

  • The study of  Potential Natural and/or Cultural World Heritage Sites all over the world
  • The study of  Potential Natural and/or Cultural World Heritage Sites in Japan
  • The analysis of the potentiality of Natural and/or Cultural World Heritage
  • The study of Evaluating method for Nature and Cultural properties
  • TheIndustrial Heritage
  • The research on the impact of world heritage inscription on sites
  • The tourism management policy and mechanism through partnerships building and joint activities
  • The world heritage on Sustainable Tourism
  • The oral heritage of  humanity
  • 海外の世界遺産運動の動き
  • 全国47都道府県の世界遺産運動の動き

レポート

特集、トピックス、コラム等。

世界遺産登録運動についての 基本的な考え方

世界遺産登録運動は、推薦・登録されることが究極の目的ではなく、世界的に通用する顕著な普遍的な価値を有する貴重な自然環境や文化財を人類共通の財産として、将来にわたって、あらゆる脅威や危険から守り、国際的に保護・保存していく考え方が基本です。 従って、関係行政機関や地元住民などが一体となった恒久的な保護・保存管理体制が必要です。世界遺産登録運動によって、自然環境や文化財の保護・保存意識が高まれば、それ自体が世界遺産の理念に沿った波及効果といえ、結果もさることながらそのプロセスがきわめて重要で、新たな気付きや発見があるにせよ、決して無駄な努力にはなりません。世界遺産の考え方は、過去のものだけではなく、未来に創造するものにも、その理念に適った自然環境や歴史・文化環境を大切にする考え方が必要です。

得 意 手 法

 国際的かつ学際的な総合研究

教 務

 教授 古田陽久 世界遺産学応用・発展 担当
 教授 古田真美 世界遺産学基礎・入門 担当

研 究 体 制

 インターナショナル (国際的) かつインターディシプリナリー (学際的) な総合研究

研 究 担 当

 古田陽久 (世界遺産全般) 古田真美 (世界遺産全般)    

フォーラム

 世界遺産研究フォーラム

機 関 紙

1)世界遺産研究
2)世界遺産紀行
3カレント・ウオッチ

インターネット

世界遺産情報館の管理・運営

データベース

世界遺産
危機にさらされている世界遺産
暫定リスト記載物件
ポテンシャル物件
世界無形文化遺産
世界記憶遺産
世界の国立公園
世界の地域、国、都市
日本の地方、47都道府県、市町村
プロジェクト日本遺産
全国の世界遺産登録運動の動き

所 蔵 資 料

  • 文字テキスト(タイトル、アブストラクト、フルテキスト)
  • 写真(世界遺産フォト・コレクション)
  • フィルム(ポジ、ネガ)
  • ビデオ
  • CD
  • DVD
  • 地図
  • 統計
  • 文献(書籍、ニューズレター等)
  • 情報所在源

提 携 機 関

 (国内) シンクタンクせとうち総合研究機構
 (国内) 21世紀総合研究所
 (国内) 社会情報総合研究所
 (国内) 和の文化総合研究所

サポーターズ
ネットワーク

北見、札幌、小樽、青森、秋田、盛岡、平泉、つくば、水戸、行田、川口、東京、鎌倉、富山、岐阜、名古屋、豊橋、彦根、大津、京都、長岡京、大阪、神戸、姫路、奈良、和歌山、鳥取、松江、大田、岡山、広島、呉、岩国、山口、徳島、高松、松山、高知、福岡、太宰府、長崎、五島、熊本、宮崎、串間、鹿児島、那覇、北京、重慶、台湾、シンガポール、タシケント、ロンドン、パリ、ローマ、カイロ、ニューヨーク、ワシントン、ロスアンゼルス、メキシコシティ、サンパウロ、ケアンズ、シドニー、メルボルンほか

使 用 言 語

日本語、英語、フランス語、(スペイン語)、(中国語)、(ロシア語)、(アラビア語)

コンピューター
アプリケーション

Mac OS 8.6

受 託 調 査

 可

 有り 個人会員制度 (年会費 3,000)

会員制サービス等

1)世界遺産データ・ブック 年度版 の定期送付
2SRIデータ・サービス(会員料金)
3SRIデータ・サーチ(会員料金)
4)トピックス情報の提供
5)その他

定 期 業 務

「世界遺産データ・ブック」並びに「世界遺産ガイド」(シンクタンクせとうち総合研究機構発行)
年度版、テーマ別、世界遺産シリーズの監修及び編集

業 務 実 績

当研究所の協力

  • 京都新聞「天橋立、物語で全国発信」(2006121日)
  • 朝日新聞「天橋立柱に丹後文化、世界遺産へ」(2006121日)
  • 徳島新聞「遍路文化世界遺産に「行政の後押し不可欠」」(20061025日)
  • 毎日新聞「論点 脅威に対抗する知恵を」(200685日)
  • 東京新聞(2006625日 大図解シリーズ「日本の世界遺産」)
  • フジテレビ(2006523日 カスぺ 世界の超絶景)
  • 静岡新聞(200611日 別刷第3部 富士山特集)
  • 読売新聞「白川郷・五箇山世界遺産十周年世界遺産の里から−次代への課題−」(北陸支社富山版 2005126日)
  • フジテレビ「めざましテレビ 世界無形文化遺産」 (20051128日)
  • 富士コミュニティエフエム放送「プロジェクト・チーム富士山」(20051111日放送)
  • 静岡第一テレビ「ドキュメント静岡 富士山の光と影」 (20051119日)
  • 共同通信社京都支局「二条城の損傷「放置」指導受けても計画作らず 京都市、財政難理由に」(2005823日)
  • 北海道新聞「知床世界遺産管理で行政一元化を」(200589日)
  • TokyoFM「6sense Direct Hit」(2005727日放送)
  • 日本経済新聞「世界遺産「知床に続け」登録運動で街づくり」(2005718日)
  • 北海道新聞「知床の世界遺産審査 危機遺産に時間費やす 慎重な議事も理由」(2005714日)
  • ニッポン放送「森永卓郎朝はニッポン一番乗り」(2005712日放送)
  • 中日新聞「核心 世界遺産、1年目の苦行 熊野古道消えぬ落書き」(2005626日)
  • 毎日新聞夕刊「特集WORLD 授業時間・世界遺産」(2005620日)
  • NHKラジオ第1  あさいちばん ニュースアップ(2005614日放送)
  • 北海道新聞(200561日)
  • 北海道新聞(2005528日)
  • 北海道新聞「知床から 世界遺産への道 恋するスケソウ(6)」(2005521日)
  • J-WAVEASIENCE SPIRIT OF ASIA  アジアが誇る世界遺産 ASIAN ENERGY」(200565日放送)
  • 北海道新聞「知床 世界遺産への道」(200557日)
  • NHK根室報道室(20053月)
  • 毎日新聞報道部札幌(2005321日)
  • 北海道新聞(20053月)
  • 朝日新聞社発行「朝日ジュニア百科2005」(20053月)
  • わたらせテレビ (足利ケーブルテレビ)(20052月)
  • エイジング・ジャパン「わが町の世界遺産」 (アットエム)(20052月)
  • 共同テレビジョン「ポカポカ地球家族」 (テレビ朝日系列)(20052月)
  • 関西日豪協会2005オーストラリア・デイ記念講演会(2005126日)
  • 毎日新聞夕刊(2005111日)
  • 東京新聞特集「海外のヘリテージング」(200511日)
  • 北海道新聞「知床 世界遺産への道」(200511日)
  • 佐賀新聞(20041222日)
  • 旬刊旅行新聞「世界遺産」(20041211日・21日)
  • 朝日新聞「be Report 全国の主な世界遺産登録運動の動き」(2004124日)
  • 北海道新聞「特集 世界遺産と知床」(20041124日)
  • ユネスコ北京事務所(200411月)
  • 日本ユネスコ国内委員会(200411月)
  • 広島女学院大学生活文化学会秋季講演会(200411月)
  • 庄内地域づくり研究会「庄内地域の景観」視察会(20049月)
  • 羽黒町講演会「出羽三山と周辺地域の世界遺産登録を目指して」(20049月)
  • 北陸中日新聞「検証 世界遺産への道」(200487日、10日)
  • クラブツーリズム「世界遺産プラザ大阪 プレ・オープン講座」(20048月)
  • リクルート「いい旅見つけた」9月号 探訪 日本の世界遺産(20048月)
  • クラブツーリズム「世界遺産プラザ 開講記念講座」(20047月)
  • 名古屋市立冨士中学校「総合学習 伝統文化」(20047月)
  • 札幌市厚別区民文化センター講演会(20046月)
  • 「出羽三山・世界遺産プロジェクトへの指針−出羽三山と周辺地域の文化的景観−」(山形県庄内地方町村長・議会議長合同懇談会)(20045月)
  • 宗像市世界遺産登録実行委員会研修会(20044月)
  • (財)日本交通公社「観光文化」200311月号
  • JTBカルチャーサロン 文化講座 アジア・オセアニア・ヨーロッパ「シリーズ・世界遺産を旅する」(200310月〜20043)
  • 中部日本放送(CBC)「小堀勝啓の心にブギブギ 心にレレレ」(2003107日放送)
  • NHK札幌放送局「北海道クローズアップ」 (2003103日放送)
  • 西南師範大学<中国・重慶市>(20039月)
  • 近畿日本ツーリストクラブツーリズム「世界遺産倶楽部」第5号(20038月)
  • 文化台湾発展協会/行政院文化建設委員会「世界遺産Q&A 世界遺産の基礎知識」中国語版(20038月)
  • 地球の歩き方MOOK(見て読んで旅する世界遺産 136141頁 ダイヤモンド・ビッグ社 200288日)
  • エフエム富士「ON THE FREEWAY」(2001819日放送)
  • 国際連合広報センター(20018月)

最近の関連記事、番組

  • 小学館 Domaniドマーニ 社会人学校エクステンションスクール 「世界自然遺産学」 200511月号
  • 広島女学院大学生活文化学会「会誌 第13号」(2005910日)
  • 共同通信社京都支局「二条城の損傷「放置」指導受けても計画作らず 京都市、財政難理由に」(2005823日)
  • 北海道新聞「知床世界遺産 世界遺産が地域を拓く(下)」(北見版 2005813日)
  • 北海道新聞「知床世界遺産 世界遺産が地域を拓く(上)」(北見版 2005812日)
  • 北海道新聞「知床世界遺産管理で行政一元化を」(200589日)
  • 山陰中央新報「石見銀山憲章設け保護基金を 登録後の対策提案」(2005727日)
  • TokyoFM「6sense Direct Hit」(2005727日放送)
  • 日本経済新聞「世界遺産「知床に続け」登録運動で街づくり」(2005718日)
  • 北海道新聞「知床の世界遺産審査 危機遺産に時間費やす 慎重な議事も理由」(2005714日)
  • ニッポン放送「森永卓郎、朝はニッポン一番乗り」(2005712日放送)
  • 中日新聞「核心 世界遺産、1年目の苦行 熊野古道消えぬ落書き」(2005626日)
  • 毎日新聞夕刊「特集WORLD 授業時間・世界遺産」(2005620日)
  • NHKラジオ第1  あさいちばん ニュースアップ(2005614日放送)
  • 北海道新聞(200561日)
  • 北海道新聞(2005528日)
  • 北海道新聞「知床から 世界遺産への道 恋するスケソウ(6)」(2005521日)
  • J-WAVEASIENCE SPIRIT OF ASIA  アジアが誇る世界遺産 ASIAN ENERGY」(200565日放送)
  • 北海道新聞「知床 世界遺産への道」(200557日)
  • 毎日新聞「難問山積の知床」(2005321日)
  • 北海道新聞「海域保護国際的流れ 調和型漁業に認証制度も 知床」(200533日)
  • 東京新聞特集「海外のヘリテージング」(200511日)
  • 北海道新聞「知床 世界遺産への道」(200511日)
  • 佐賀新聞(20041222日)
  • 朝日新聞「be Report 全国の主な世界遺産登録運動の動き」(2004124日)
  • 北海道新聞(20041124日)
  • 山形県羽黒町 町報「はぐろ」(587号 200410月)
  • 荘内日報(2004928日)
  • 朝日新聞(庄内版 2004927日)
  • 山形新聞(2004927日)
  • リクルート「いい旅見つけた」9月号 探訪 日本の世界遺産(20048月)
  • 北陸中日新聞「検証 世界遺産への道」(200487日、10日)
  • テレビ大阪「経済発見」(200481日放送)
  • 産経新聞(ECONET 2004714日)
  • <高句麗壁画古墳世界遺産登録>「かけがえのない地球の自然と文化財を後世に」(朝鮮新報 2004630日)
  • 山形県羽黒町 町報「はぐろ」(583号 2004610日)
  • 地球の歩き方MOOK(見て読んで旅する世界遺産 136141頁 ダイヤモンド・ビッグ社 200288日)





古田陽久、古田真美









世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
21世紀総合研究所に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る

出版物のご案内に戻る